ダイソン掃除機のヘッド故障のサインを見逃すな!正しい対処法を解説

ダイソン掃除機のヘッド故障のサインを見逃すな!正しい対処法を解説

ダイソン掃除機のヘッドは、使うなかで物や壁にぶつけて故障させた経験ありませんか?

掃除機のヘッドは、床やカーペットの汚れを直接取り除く部分であり、その性能が低下すると掃除の効率も大きく落ちてしまいます。

特にダイソンのような高性能な掃除機は、ヘッドの故障が掃除の質に大きく影響します。

私はDyson V8 Slim Fluffyを3年以上、問題なく使えています。
コンパクトなのにパワフルだから重宝しています!

ダイソン掃除機のヘッド故障は、適切な対処をすれば簡単に解消できることが多く、定期的なメンテナンスと、故障のサインに早めに気付くことで、長く快適に使用することができます。

この記事では、ダイソン掃除機のヘッドが故障する原因から、その解決策、さらには日常のメンテナンス方法まで、詳しく解説します。

ダイソン掃除機を、より長く、より快適に使用するための情報を網羅的にまとめました。

ダイソン掃除機のヘッドに関して何か悩みがあれば、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

「ダイソン掃除機が気になっているけど値段が高い…」と悩んでいたらレンタルして試してみるのがおすすめです。
ゲオあれこれレンタルならダイソン掃除機が1ヶ月5,200円でレンタルできます

目次

ダイソン掃除機のヘッド故障:原因と対処法

ダイソン掃除機は、その高性能とスタイリッシュなデザインで多くの家庭で愛用されています。

しかし、長く使用していると、どうしてもぶつけるなどしてヘッド部分に故障が生じることがあります。

以下では、ダイソン掃除機のヘッド故障の主な原因と、それに対する簡単な対処法をご紹介します。

掃除機ヘッドの主な故障原因

  • 髪の毛やゴミの絡まり:ダイソン掃除機のヘッドは強力な吸引力を持っていますが、それが逆に髪の毛や細かいゴミを引き込んで絡ませる原因となることがあります。特にペットを飼っている家庭では、毛が絡まりやすいです。また、長髪だと髪の毛が、ヘッドのローラー部分に絡まりやすいです。
  • ベルトの摩耗:ヘッド部分の動きをサポートするベルトが摩耗すると、ヘッドが正常に動かなくなることがあります。ベルトのみの交換はできないので、ヘッドごと交換になります。
  • 電子部品の故障:掃除機のモデルによっては、ヘッド部分にはセンサーやモーターなどの電子部品が組み込まれています。これらの部品が故障すると、ヘッドが動かなくなることがあります。

簡単な対処法

  • 髪の毛やゴミの取り除き:ヘッド部分を取り外し、絡まった髪の毛やゴミを取り除くことで、多くの故障が解消されます。定期的な掃除を心掛けることで、絡みの予防もできます。(メンテナンス方法へジャンプ
  • ヘッドの交換:ベルトが摩耗している場合、専用の交換部品を購入して交換することで、ヘッドの動きが改善されます。
  • サポートセンターへの問い合わせ:電子部品の故障や、自分での対処が難しい場合は、ダイソンのサポートセンターに問い合わせることをおすすめします。専門の技術者が故障の原因を特定し、修理や部品交換を行ってくれます。

ダイソンのヘッドが回らないときの解決策

長く使用していると、ヘッドが回らないというトラブルに直面することがあります。

ダイソン掃除機のヘッドが回らない問題は、適切な手順で対処すれば、簡単に解決できることが多いです。

この記事では、ヘッドが回らない原因と、それに対する解決策を詳しく解説します。

ヘッドが回らない原因

ヘッドが回らない原因はこちら!

  • モーターヘッドの故障
  • ヘッドの首が回る部分が固着している
  • ローラー部分のごみが詰まっている

モーターヘッドの故障

ダイソン掃除機の種類によっては、モーターヘッドが高速で回転するブラシがあり、これによってカーペットの奥深くに詰まったゴミやホコリを効果的に取り除きます。

モーターヘッドの動作原理は、内蔵された小型のモーターがブラシを駆動することにより、強力な吸引とブラシの回転を実現しています。

このモーターなどの内部部品の故障によってヘッドが回らないことがあります。

ヘッドの首が回る部分が固着している

  • ヘッドの首部分の破損
  • ゴミの詰まり

などによって、ヘッドの首が回る部分が固着していると、うまく回らない原因となります。

無理にヘッドに力を加えると、取り返しのつかない故障になりかねないので、何か詰まってないか確認してみてください。

ローラー部分のごみが詰まっている

ヘッドと床の接地面にごみが詰まっているとうまくローラーが回りません。

詰まりを取り除けば、今まで通り回るようになるので安心してくださいね。

ヘッドに絡まった髪の毛やほこりを放置していると取り除くのが大変なので、定期的にキレイにしておきましょう!

一般的な解決策

  • ブラシの清掃:ヘッドが回らない最も一般的な原因は、ブラシに絡まった髪の毛やゴミです。ヘッド部分を取り外し、ブラシを清掃することで、多くの問題が解消されます。
  • モーターの確認:モーターが故障している場合、ヘッドは回転しません。異音や煙が出る場合は、モーターの故障の可能性が高いです。この場合、専門のサポートセンターに修理を依頼することをおすすめします。
  • 電源の確認:ヘッド部分に電源が供給されていない場合、回転しません。電源コードやバッテリーの接触不良、故障が考えられます。接触部分の清掃や、バッテリーの充電を確認してください。

ダイソン掃除機ヘッドのメンテナンス方法

ダイソン掃除機を長く使っていくには、適切なメンテナンスが必要です。

以下では、ダイソン掃除機のヘッドを長持ちさせるためのメンテナンス方法を詳しく解説します。

定期的なヘッドの掃除方法

  • ブラシの清掃:ヘッドのブラシ部分には髪の毛やほこりが絡みやすいです。使用後や使用前に、ブラシを取り外し、ゴミや髪の毛を取り除くことで、吸引力を維持することができます。髪の毛が何周もブラシやローラー部分に巻き付いている場合は、ハサミやカッターがあれば切って取れます。
  • 吸引口の確認:吸引口に大きなゴミや異物が詰まっていないか定期的に確認しましょう。詰まりがある場合は、柔らかい布やブラシを使用して、優しく取り除きます。濡らすと取りにくくなることがあるので、できる限り乾いた状態で詰まりを解消しましょう。

ヘッドの保管と取り扱いのヒント

  • 乾燥した場所での保管:ヘッド部分は湿度の高い場所や直射日光を避け、風通しの良い場所で保管することがおすすめです。
  • 取り扱いの注意:ヘッド部分を取り外す際や掃除する際は、強く引っ張ったり、無理に曲げたりしないよう注意しましょう。

メンテナンスの頻度とタイミング

  • 頻度:ヘッドの清掃は、使用頻度にもよりますが、週に1回程度が理想的です。特にペットを飼っている家庭では、毛が絡みやすいため、こまめなメンテナンスが必要です。
  • タイミング:掃除機を使用した後、ヘッド部分がまだ温かい状態での清掃は避け、冷めてから行うようにしましょう。

ダイソンのヘッド交換時期と取り付け方法

ダイソンの掃除機は、長く使用しているとヘッド部分の劣化や故障が起こることがあります。

以下では、ダイソンのヘッドの交換時期や、新しいヘッドの選び方、取り付け方法について詳しく解説します。

ヘッドの交換時期のサイン

  • 吸引力の低下:ヘッド部分のブラシや吸引口が劣化すると、掃除機の吸引力が低下します。特に床やカーペットの汚れが以前よりも取りにくくなった場合、ヘッドの交換を検討するタイミングです。
  • 異音や振動:ヘッド部分から異常な音や振動が発生する場合、内部の部品が故障している可能性があります。
  • 見た目の劣化:ヘッド部分のブラシが摩耗している、またはヘッド部分に亀裂や破損が見られる場合は、交換の時期です。

正しいヘッドの選び方

  • 掃除機のモデルに合わせる:ダイソンの掃除機にはさまざまなモデルがあります。ヘッドを選ぶ際は、自分の掃除機のモデルに合ったものを選ぶことが重要です。
  • 用途に応じて選ぶ:ダイソンには、カーペット専用やペットの毛を取り除くための特殊なヘッドも販売されています。自宅の床材やペットの有無に応じて、適切なヘッドを選ぶことで、より効果的な掃除が可能です。
  • 正規品を選ぶ:ダイソンのヘッドは、正規品以外にも互換品が販売されています。安全性や品質を確保するため、正規品を選ぶことをおすすめします。

ダイソン掃除機のヘッド故障時の保証内容とサポートサービス

ダイソンの掃除機は、故障が生じた場合にはサポートサービスを受けられます。

以下では、ダイソンのヘッド故障時の保証内容やサポートサービスについて詳しく解説します。

ダイソンの保証ポリシーの概要

ダイソンの掃除機は、購入から2年(Dyson直営店で購入すると5年)の保証期間が設けられています。

この期間内に故障や不具合が生じた場合、無償での修理や交換が受けられる場合が多いです。

ただし、故意の破損や不適切な使用による故障は、保証の対象外となることがあります。

保証内でのサポート内容

  • 無償修理:保証期間内に故障が生じた場合、ダイソンのサポートセンターにて無償での修理が行われます。
  • 部品の交換:ヘッド部分の故障が修理できない場合、新しいヘッドに交換してもらえることがあります。
  • サポートセンターでの相談:故障の原因や対処法について、専門のスタッフがアドバイスやサポートを提供してくれます。

保証外の故障時のオプション

  • 有料修理:保証期間を過ぎた故障や、保証対象外の故障については、有料での修理が提供されます。
  • 部品の購入:ヘッド部分のみの交換が必要な場合、正規の部品を購入して自身で交換することも可能です。
  • サポートセンターでの相談:保証外でも、ダイソンのサポートセンターでは故障に関する相談やアドバイスが受けられます。

ダイソン掃除機のヘッドの寿命:いつ交換すべきかのサイン

ダイソンの掃除機は、長期間の使用や日常の摩耗により、ヘッド部分にも寿命があります。

以下では、ダイソンのヘッドの寿命や交換のタイミングについて詳しく解説します。

ヘッドの平均寿命と使用感の変化

ダイソンのヘッド部分は、一般的に数年の使用が見込まれています。

しかし、使用頻度や掃除の状況によっては、その寿命が短くなることも。

時間が経つにつれ、吸引力の低下や異音、振動の増加など、使用感の変化が感じられることがあります。

もしも、劣化を感じたら交換しておくのが無難です。

明らかに劣化しているのに使い続けたら、本体に支障が出るおそれもあります。

交換のタイミングとサイン

ヘッドの交換タイミングは、以下のサインを参考に判断すると良いでしょう。

  • 吸引力の著しい低下:掃除機本体に問題がないにも関わらず、吸引が弱くなった場合。
  • 異音や振動:ヘッドを動かす際に、以前とは異なる音や振動が生じる場合。
  • 物理的なダメージ:ヘッド部分に明らかな損傷や破損が見られる場合。

ダイソン掃除機のヘッド故障に関するよくある質問

ダイソン掃除機のヘッドは、他のモデルやブランドと互換性がありますか?

ダイソンのヘッドは、特定のモデルやシリーズに合わせて設計されています。他のモデルやブランドとの互換性は基本的にはありません。正確な情報は、ダイソンの公式サイトやサポートセンターで確認してください。

ヘッドの故障時に自分で修理することは推奨されますか?

ダイソン掃除機は高度な技術を持って設計されているため、自分での修理は推奨されません。誤った修理が原因でさらなる故障を引き起こす可能性があります。故障時は公式のサポートセンターに相談することをおすすめします。

ダイソンのヘッドの清掃に特別な道具や洗剤は必要ですか?
  • A: 基本的には、柔らかい布やブラシでの掃除が推奨されています。特別な洗剤は不要で、水洗いの際は水分をしっかりと取り除くことが重要です。
ヘッドの交換時期はどのくらいの頻度でしょうか?

ヘッドの交換時期は使用頻度や環境によって異なりますが、一般的には数年に1回の交換が推奨されています。しかし、明確なサインや異常が見られる場合は、それよりも早く交換が必要となることもあります。

まとめ

ダイソン掃除機はヘッドの故障やスイッチの問題など、一般的なトラブルにもしっかりと対応しており、そのサポート体制の充実度は、他のブランドとは一線を画しています。

私も3年ほどダイソンの掃除機を使っていますが、使い終わったときに簡単でいいのでメンテナンスすることを心がけています。

そのため、特に不具合なく使えていますし、吸引力も衰えを感じません。

ぜひ本記事を参考に、ダイソンの掃除機を使って毎日の掃除を充実させましょう!

ダイソン掃除機のヘッド故障のサインを見逃すな!正しい対処法を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡暮らし / 28歳サラリーマン / やらないと損なQOL向上するライフハック術について発信しています。

コメント

コメントする

目次