高さ調節にブレインスリープ ピロー アジャストシートがおすすめな理由

ブレインスリープ ピロー アジャストシート

ブレインスリープ ピローの高さがイマイチしっくりこない
ブレインスリープ ピローを使っているうちに高さが低くなってきた

このようなブレインスリープ ピローの悩みにお答えします。

私はブレインスリープ ピローを2年以上愛用中です。
通気性が抜群に良く、快適な睡眠をサポートしてくれています。

枕の高さは、睡眠のパフォーマンスに直結するため、ブレインスリープ ピローの高さが合っていないと感じるのであれば、早急な対応が必要です。

ブレインスリープには、高さを調節するためのアジャストシートが用意されており、必要に応じて使うことであなたにピッタリな高さにできます。

そこで本記事ではアジャストシートの特徴、代用の可能性、お手入れ方法について解説します。

せっかくブレインスリープ ピローを使っているのに高さが合っていないのは非常にもったいないです。

ぜひ本記事をチェックしてアジャストシートを使ってみることを検討してみてくださいね!

30日間無料交換保証付き!

目次

ブレインスリープ ピロー アジャストシートとは

引用:BRAIN SLEEP STORE

アジャストシートの特徴

引用:BRAIN SLEEP STORE

ブレインスリープ ピロー アジャストシートは、ブレインスリープ ピローの高さ調節に使えるシートでブレインスリープ ピローと同じ素材で作られています。

アジャストシートは高さが1.5cmなので、ブレインスリープ ピローの3サイズだと高さがイマイチ合わないという方におすすめです。

アジャストシートのメリット

アジャストシートのメリットはこちら!

  • ブレインスリープ ピローと同じ素材でできているため、通気性を損なう心配なし
  • ブレインスリープ ピロー3サイズの間の高さに調節できる
    → 例)ローだと低すぎ、スタンダードだと少し高いと感じる方にはピッタリです!

アジャストシートがおすすめな人

以下のような悩みがある人はブレインスリープ ピロー アジャストシートの購入を検討してみてください!

  • ブレインスリープ ピローの3サイズ(ロー / スタンダード/ ハイ)でピッタリのサイズがない
  • ブレインスリープ ピローがへたってきて高さが低くなってきた

このような方にアジャストシートがおすすめです。

ブレインスリープ ピローを愛用している方なら、買い換えるよりも安く済みます。

ずっとブレインスリープ ピローを使うならアジャストシートを1枚持っておくと便利です。

ブレインスリープ ピロー アジャストシートは他で代用できる?

お使いのブレインスリープ ピローが新品かへたっているかでアジャストシートの代用ができるか変わってきます。

新品のブレインスリープ ピローの場合は、アジャストシートの代わりにタオルを敷くことで高さ調節ができます。

タオルを敷いても、新品ならブレインスリープ ピローの高さが十分にあるので通気性を損なう可能性は低いです。

一方で、へたったブレインスリープ ピローの高さ調節をしたい場合は、アジャストシートを購入することをお勧めします

理由は、へたっている場合だとブレインスリープ ピローの3次元立体構造がつぶれているため、十分な通気性を発揮できない可能性が高いからです。

この場合の高さ調節は、ブレインスリープ ピローの通気性を十分に発揮させるためにもアジャストシートがあった方がいいですね。

ブレインスリープ ピロー アジャストシートのお手入れ方法

アジャストシートのお手入れ方法は基本的には、ブレインスリープ ピローと同じで、水で丸洗いしましょう!

お手入れ方法については、【お湯で効果UP】ブレインスリープ ピローの洗い方とへたりを戻すお手入れ方法で詳しく解説しています。

まとめ

本記事ではアジャストシートの特徴、代用の可能性、お手入れ方法について解説しました。

せっかくブレインスリープ ピローを使っているのに、高さが合っていないともったいないです。

もしも、ブレインスリープ ピローの高さがイマイチ合わないと感じているなら、アジャストシートで高さの問題が解決できます。

ブレインスリープ ピロー アジャストシートを手に入れて毎晩の睡眠を最上のものに変えていきましょう!

30日間無料交換保証付き!

ブレインスリープ ピロー アジャストシート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡暮らし / 28歳サラリーマン / やらないと損なQOL向上するライフハック術について発信しています。

コメント

コメントする

目次