二度寝を防ぐ方法3選|外部からの刺激でスッキリ起床

朝起きたい時間に思うように起きられず二度寝してしまう方へ。

朝が苦手で一度の目覚ましで起きられないと

何度も目覚ましを鳴らしてしまう
家を出るギリギリまでベッドからでられない
朝食よりも睡眠を優先させてしまう
遅刻寸前で毎日あわててしまう

このようなことが起こってしまい1日の朝から疲れてしまいます。

筆者も朝スッキリ起きれず苦労していました。

起きるのが苦手な人は外部からの刺激を使って目を覚ます方法が有効です。

この記事では二度寝を防ぐ方法を3つ紹介します。

どれも筆者が体験してみて実際に効果があった方法です。

習慣を変えて体の内側から二度寝を防ぐように自らを変えていくには時間がかかりますが、この記事で紹介する方法は明日から実践できます

目次

起きる30分前にエアコンをセットしておく

冬場は室温が低く朝は特に寒いため、暖かい布団の中から出たくないですよね。

そこで起きたい時間の30分前に暖房をセットしておきます。

設定温度はいつもセットしている温度よりも1〜2°C高くしておくと安心です。

夏場もエアコンをセットしておくと快適な室温で起きることができますが、かえって逆効果になる可能性があります。

筆者の場合は朝の若干不快な暑さである方が目覚めやすかったです。

健康サンダルを履く

足裏から受け取る刺激は意外と強いものです。

家の中ではスリッパを使用している方は朝だけは健康サンダルを履きましょう

足裏がイボイボで刺激されて血の巡りが良くなり一気に目が覚めます。

特に買いたての健康サンダルは痛いぐらいなので効果大です。

日光を浴びるためにカーテンを開けておく

朝は日光を浴びることで体内時計がリセットされ、スッキリ起きることができます。

また朝に日光を浴びることでフレッシュな気分にさせてくれます。

筆者の体験からしても部屋に日光を取り入れるのが一番効きました。

カーテンを開けたまま寝づらい方は以下のことを検討してみてはいかがでしょうか。

  1. 光を透過しやすいカーテンに変える
  2. カーテンを自動で開けてくれるスマート家電を導入してみる
  3. 光目覚まし時計を使ってみる

まとめ

この記事では二度寝を防ぎ、スッキリ起床する方法3つを紹介しました。

・起きる30分前にエアコンをセットしておく
・健康サンダルを履く
・日光を浴びるためにカーテンを開けておく

いかがでしたか。

朝起きられず二度寝してしまう方の役に立てれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡暮らし / 28歳サラリーマン / やらないと損なQOL向上するライフハック術について発信しています。

コメント

コメントする

目次