コスパ革命!テレビ代わりになるモニターおすすめ16選

テレビ代わりにおすすめのモニター

モニターをテレビとして使うメリットは何?
テレビ代わりになるモニターを知りたい!
モニターを設置するときに周辺機器はあった方がいい?

こんなモニターに関する疑問にお答えします。

私の家ではモニターをテレビ代わりとして置いています。
モニターにしても不自由は無く、普段はAmazonプライムビデオやTVerを楽しんでいます。

今やモニターはテレビ代わりとして注目されており、スペース効率とコストパフォーマンスを兼ね備えています。

本記事では、テレビ代わりにモニターを使用する際のメリット、必要な周辺機器、おすすめのモデル選びについて詳しく解説します。

モニターを取り入れた新しい生活スタイルの魅力に迫ります。

テレビとモニターのどっちを購入しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

目次

モニターをテレビ代わりに使うメリットとは?

現代のライフスタイルでは、家庭のエンターテイメントシステムの選択肢が大きく広がっています。

特に、テレビの代わりにモニターを使用することが注目されています。

では、なぜモニターを選ぶ人が多くなってきているのでしょうか?

そのメリットを掘り下げてみましょう。

テレビよりもモニターの方が安価

価格面でのメリットは、多くの消費者にとって最大の魅力の一つです。

一般的に、同じサイズと解像度を持つテレビと比べて、モニターの方がはるかにコストパフォーマンスが高い傾向にあります。

この価格差は、特に大画面モデルで顕著です。

また、モニターは多様なブランドやモデルが存在し、予算に応じた選択が可能です。

NHK受信料を払わなくて良い

日本では、テレビを所有しているとNHKの受信料を支払う必要がありますが、モニターにはこの義務がありません。

テレビ番組を視聴しない、またはオンラインストリーミングサービスを主に利用するユーザーにとっては、モニターは経済的にも合理的な選択となります。

受信料の節約は、長期的に見ると大きな金額の差となり得ます。

受信料は月額1,100円なので、1年で13,200円、5年で66,000円と見過ごせない金額になりますね。

テレビ線がなくても使える

モニターのもう一つの大きなメリットは、テレビ線や専用のアンテナがなくても使用できることです。

これは、引っ越しが多い方や、コンパクトなスペースで生活している方に特に便利です。

インターネット接続さえあれば、多くのモニターはPCやゲームコンソールと簡単に接続でき、多様なエンターテイメントを楽しむことが可能です。

寝室にはテレビではなく、モニターを設置の方が便利そうですね!

モニターとテレビのスペック比較

家庭でのエンターテイメントシステムの選択は、技術の進化に伴い、ますます多様化しています。

特に、モニターとテレビの間でどちらを選ぶかは、多くの消費者にとって重要な決断です。

ここでは、モニターとテレビの主要なスペックを比較してみましょう。

画面解像度と応答速度の違い

画面解像度は、画像の鮮明さと細部の表示能力に直接影響します。

現代のテレビは高画質ですが、特にプロのゲーマーやグラフィックデザイナーに人気のある高性能モニターは、さらに高い解像度があります。

きれいでなめらかな映像を見たい方や、より細かいディテールを必要とする作業を行う場合に最適です。

一方、応答速度は、画像の変更がどれだけ迅速に行われるかを示します。

高い応答速度を持つモニターは、動きの速いゲームやビデオにおいて、よりスムーズな映像で楽しめます。

一般的なテレビは、この点でモニターに劣ることが多いですが、日常的な使用や映画鑑賞には十分な性能を備えています。

接続オプションと多様性

現代のモニターとテレビは、多様な接続オプションを備えていますが、その種類と互換性には差があります。

モニターは、通常、PCやラップトップ、さらにはゲームコンソールに接続するためのオプションが豊富です。

HDMI、DisplayPort、USB-Cなどの接続ポートを備えることが一般的です。

一方で、テレビは、これらの接続オプションに加え、内蔵チューナーやスマートTV機能を持つことが多く、無線接続やインターネットストリーミングサービスへのアクセスが容易です。

これらのモデルは、テレビとしても使用できるため、特にスペースが限られている場所に最適です。

画質、画面サイズ、接続オプション、価格を考慮して選ぶと良いでしょう。

【モニターとテレビのいいとこ取り】チューナーレステレビ

チューナーレステレビとは、文字通り、放送受信用のチューナーが内蔵されていないテレビのことです。

モニターとは異なり、テレビ用のOSがついているためインターネットに接続できたり、リモコン操作ができたりするのがチューナーレステレビとなります。

これには以下のような特徴やメリットがあります。

  1. ストリーミングや外部デバイス利用に特化:チューナーレステレビは、NetflixやAmazonプライムビデオなどのストリーミングサービスや、Blu-rayプレーヤー、ゲームコンソールなどの外部デバイスを主に使用するユーザー向けです。
  2. コスト削減:チューナーを省略することで、製造コストが削減されるため、一般的には同サイズの通常のテレビよりも安価になります。
  3. フレキシブルに設置可能:チューナーレステレビは、モニターとしても使用できるため、オフィスやゲーム用途、またはセカンドテレビとしても適しています。

ただし、チューナーレステレビでは、地上波などの放送を直接視聴することはできません。

地上波を視聴したい場合は、別途外部チューナーを購入し、接続する必要があります。

モニターをテレビ代わりに使うための必要な周辺機器

モニターをテレビとして使用することは、スペースの節約やコスト削減の観点から考えると非常に魅力的です。

しかし、そのためにはいくつかの周辺機器が必要になります。

ここでは、モニターを効果的にテレビとして使用するために便利な周辺機器を紹介します。

HDMIケーブルとアダプターの種類

モニターをテレビのように使う最も一般的な方法は、HDMIケーブルを使用することです。

ほとんどの現代のモニターとテレビチューナー、ゲーム機、ストリーミングデバイスは、HDMIポートを備えています。

HDMIケーブルは、高画質のビデオとオーディオ信号を同時に伝送できるため、理想的な選択肢です。

一方、古いモニターや特定のデバイスでは、異なる種類のポートが使用されていることがあります。

この場合、適切なアダプター(例えば、DVIからHDMI、またはVGAからHDMIへのアダプター)が必要になります。

これらのアダプターは、異なる種類のポート間で信号を変換し、幅広いデバイスの互換性を確保します。

オーディオ出力におすすめなスピーカー

モニターにはスピーカーがなかったり、テレビと比較して内蔵スピーカーの音質が劣ることがあります。

そのため、テレビ代わりとして使用する場合は、スピーカーが必要です。

さまざまな種類のスピーカーがありますが、小型のUSBスピーカーから高品質のサウンドバーやサラウンドシステムまで、使用環境と予算に応じて最適な選択が可能です。

おすすめはAmazonでベストセラー1位のAnker Soundcore 2です。

パワフルなサウンドで、幅広い音色と深みのある低音を楽しむことができます。さらに、スマホとBluetooth接続して操作できるのも魅力です。

テレビ代わりにおすすめモニター

テレビの代わりにモニターを使用することは、多くの人にとって魅力的な選択肢となっています。

特に、限られたスペースや予算の中で、コスパの高さを求めるユーザーにとっては、モニターが優れた選択肢と理ます。

ここでは、3つのカテゴリに分けて、おすすめなモニターを紹介します!

  • テレビ代わりに最適なモニターのおすすめモデル
  • ゲーム向けのおすすめモニター
  • チューナーレステレビ

テレビ代わりにおすすめのモニター9選

PHILIPS

PHILIPSモニターのおすすめポイント
  • 画面がフレームレスなのでスタイリッシュで没入感を高められる
  • IPSテクノロジー搭載なので、どの角度から見ても鮮やかに映し出してくれる
  • 品質が良いわりに価格が抑えられているのでコスパ◎

BenQ

BenQモニターのおすすめポイント
  • ブルーライト軽減とフリッカーフリーで目に優しいアイケアテクノロジーを搭載
  • 画面の土台にコードを収納できて配線を隠せる
  • IPSディスプレイによる鮮やかな画面

ASUS

ASUSモニターのおすすめポイント
  • ブルーライト軽減とフリッカーフリーで目に優しい
  • 画面の薄さが7mmでスタイリッシュ
  • IPSディスプレイとフルHDによる鮮やかな画面

IODATA

IODATAモニターのおすすめポイント
  • スピーカー付きなので、テレビ代わりにしやすい
  • ADSディスプレイとフルHDによる鮮やかな画面
  • 高品質なのに値段が抑えられていてコスパ◎

Dell

Dellモニターのおすすめポイント
  • 画面の高さや向きを調節可能
  • IPSディスプレイとフルHDによる鮮やかな画面
  • Dellのブランド力と手厚い保証

KOORUI

ASUSモニターのおすすめポイント
  • ブルーライト軽減で目に優しい
  • スリムなディスプレイでスタイリッシュ
  • IPSディスプレイとフルHDによる鮮やかな画面

アイリスオーヤマ

IODATAモニターのおすすめポイント
  • スピーカー付きなので、テレビ代わりにしやすい
  • フルHDによる鮮やかな画面
  • スッキリした土台とフレームレス画面でスタイリッシュ

LG

ASUSモニターのおすすめポイント
  • ブルーライト軽減で目に優しい
  • IPSディスプレイと4Kによる高画質で鮮やかな画面
  • 高品質なのに値段が抑えられていてコスパ◎

ROADOM

IODATAモニターのおすすめポイント
  • 持ち運びが簡単なモバイルディスプレイ(保護ケース付き)
  • スピーカー内蔵
  • フルHDによる鮮やかな画面
  • 豊富な端子ポート

ゲーミングモニターおすすめ4選

チューナーレステレビおすすめ3選

モニターとテレビのコストパフォーマンス

家電製品を選ぶ際、コストパフォーマンスは重要な考慮事項です。

特に、モニターとテレビの選択においては、初期投資と維持費用、そして長期的な価値と耐久性を比較することが重要です。

以下では、モニターとテレビのコストパフォーマンスを詳しく比較してみましょう。

初期投資と維持費用

モニターとテレビの初期投資額には、顕著な差があります。

一般的に、同じ画面サイズのモニターは、同等のテレビよりも安価です。

理由は、テレビがチューナーやスマート機能などの追加コンポーネントを含むためです。

維持費用に関しても、モニターの方が有利です。

テレビの場合はNHK受信料が必要な場合がありますが、モニターにはそのような追加費用はかかりません。

長期的な価値と耐久性

長期的な価値と耐久性を考慮すると、モニターとテレビの間にはいくつかの違いがあります。

テレビは、一般的には長期間にわたって使用される家電製品で、作りとしては耐久性が高い設計になっていますが、今となっては古いモデルのテレビは時代遅れになってしまっています。

一方、モニターは技術の進歩により頻繁に更新される傾向がありますが、基本的な機能性は長期間にわたって安定しています。

また、モニターは新しいデバイスとの互換性を維持しやすいです。

これにより、長期的に見てもコストパフォーマンスの高い選択肢となることが多いです。

モニターをテレビのように使うためのセットアップ方法

モニターをテレビのように使うことは、スペースの節約や追加機能の利用など、多くのメリットがあります。

しかし、最適なセットアップを行うためには、いくつかの重要なステップを理解する必要があります。

このガイドでは、モニターをテレビとして使用するための基本的な接続方法と設定オプションについて説明します。

必要な機器の接続方法

モニターをテレビとして使用する最初のステップは、必要な機器を適切に接続することです。

一般的に必要となるのは、以下のものです。

  • HDMIケーブル:これは、テレビチューナーやストリーミングデバイス、ゲームコンソールなど、さまざまな入力源とモニターを接続するために使用します。
  • オーディオ出力:多くのモニターには内蔵スピーカーがありません。外部スピーカーまたはヘッドフォンを接続するためのオーディオジャックを確認し、必要に応じて追加のオーディオ機器を用意します。

設定オプションとカスタマイズ

モニターをテレビとして使用する際には、画質や音質の設定を最適化することが重要です。多くのモニターには、色温度、明るさ、コントラストなどの調整オプションがあります。

これらの設定を変更することで、視聴体験を大幅に向上させることができます。

また、外部スピーカーを使用する場合は、オーディオ設定を調整して、最高の音質を得ることが重要です。

多くのモニターでは、音量、バランス、場合によってはイコライザー設定もカスタマイズできます。

モニターが活躍するシーン

モニターはその多機能性と互換性から、様々な生活環境で活躍しています。

特に、小さなスペースや個人のオフィス、ベッドルームなどでは、その有用性が際立ちます。

ここでは、モニターが特に役立つシーンをいくつか紹介します。

小さなスペースでの利用

狭いスペースでのエンターテイメントや作業スペースの設置は、多くの人にとっての課題です。

モニターは、そのコンパクトな設計により、限られたスペースでも効率的に使用できます。

例えば、小さなアパートや寮の部屋では、モニターをテレビやゲームディスプレイとして使用することができます。

また、壁掛け可能なモデルを選ぶことで、さらにスペースを節約できます。

オフィスや寝室での活用

オフィスでは、モニターは日常的な作業の効率を高める重要なツールです。

複数のモニターを使うことで、マルチタスキングが容易になり、生産性が向上します。

また、自宅のオフィススペースで、モニターを使って仕事とプライベートの両方のニーズに対応することもできます。

寝室では、モニターをテレビの代わりに使うことで、リラックスした視聴体験を提供します。

特に、小型のモニターは、就寝前の映画鑑賞やオンライン動画の視聴に最適です。

また、省スペースながら高画質なので、リラクゼーションに最適な環境を作ることができます。

テレビ代わりにモニターを使うときのよくある質問

大型モニターをテレビ代わりに使うメリットは何ですか?

大型モニターをテレビ代わりに使用するメリットには、高い解像度で鮮明な画質を得られること、省スペースで設置できること、そして多くの場合、同じサイズのテレビより安価であることが挙げられます。

モニターでテレビを見る方法はどのようにすればいいですか?

モニターには通常、テレビチューナーが内蔵されていないため、テレビ番組を視聴するには外部のテレビチューナーが必要です。チューナーは市販されており、モニターのHDMIポートに接続して使用します。
また、モニターでテレビを見るためには、外部テレビチューナーやケーブルボックスをモニターに接続するか、スマートテレビ機能を持つストリーミングデバイス(例えば、アマプラなどのストリーミングサービスを視聴できるデバイス)を使用します。HDMI接続を通じて、これらのデバイスをモニターに接続して視聴できます。

Amazonプライムビデオを視聴するためにおすすめのモニターはありますか?

Amazonプライムビデオなどのストリーミングサービスを楽しむためには、高解像度(できれば4K)と良好な色再現性を持つモニターがおすすめです。また、HDMIポートを備えたモニターを選ぶことで、Amazon Fire TV Stickなどのストリーミングデバイスを簡単に接続できます。

まとめ:モニターでテレビ体験を最大限に活用しよう

モニターをテレビ代わりに使用することは、コスト削減、スペースの有効活用、高画質といった多くのメリットがあります。

適切なモニターの選択、必要な接続機器、設定のカスタマイズ方法を理解することで、あなたのエンターテイメントや作業スペースを最適化できます。

また、外部テレビチューナーやストリーミングデバイスを使用することで、多様なコンテンツを簡単に楽しむことが可能です。

今こそ、自宅のエンターテイメント体験をアップグレードする絶好の機会です。

あなたにぴったりのモニターを見つけて、新しい視聴スタイルを始めてみませんか?

テレビ代わりにおすすめのモニター

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡暮らし / 28歳サラリーマン / やらないと損なQOL向上するライフハック術について発信しています。

コメント

コメントする

目次