【口コミ付き】DreamN(ドリームン)の特徴や始め方、将来性について解説

【口コミ有り】DreamN(ドリームン)の特徴や始め方、将来性について解説

DreamNとは?
他のSleep to Earnプロジェクトと何が違うの?
今から始めて先行者利益を得たい!

こんな悩みにお答えします。

DreamNはSleep to Earnプロジェクトの一つで、寝ながら仮想通貨を稼ぐことができるブロックチェーン技術を用いたゲームアプリです。

DreamNは、Play to EarnやMove to Earnのようにゲームをプレイすることで仮想通貨を稼ぐことができるNFTゲームであることから、Sleep to Earnと呼ばれています。

Sleep to EarnプロジェクトのNFTゲームはどれも開発段階ですが、手軽に始められる特徴からこれからの盛り上がりに大きな期待が寄せられています。

今回は、DreamNの特徴や始め方、将来性についての解説とユーザーの口コミを紹介します。

本記事でわかることはこちら!

  • DreamNは睡眠データを記録することで仮想通貨DreamNを稼ぐアプリ
  • DreamNを400枚以上保持して寝ることでBNBを稼ぐことができる
  • Androidでリリース開始しており、ユーザーの口コミも好感触の声が多数
  • 具体的なロードマップが示されていて、Sleep to Earnの先駆けとして将来性がある

送金用口座として国内仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)と海外仮想通貨取引所のBybitの口座を開設しておくとスムーズです。

Bybitは紹介コードを入力するとボーナスを受け取ることができるので、必ず入力しましょう。

Bybit紹介コード:41602

目次

DreamN(ドリームン)とは

DreamN公式サイト

DreamN(ドリームン)とは、寝ながら仮想通貨を稼ぐことができるSleep to Earnプロジェクトのブロックチェーンゲームです。

DreamNの基本情報はこちら。

ゲームアプリ名DreamN(ドリームン)
ブロックチェーンBNB Chain
対応するOSiOS、Android
対応する仮想通貨の銘柄DreamN、BNB
公式サイトDreamN公式サイト
公式Twitter@dreamnbsc
公式DiscordDreamN公式Discord

DreamN(ドリームン)の特徴

DreamNは寝ながら稼げる以外にもゲーム要素があり、非常に注目されています。

DreamNの主な特徴はこちら。

  • 報酬を得るためにはDreamNトークンが400枚必要
  • 寝ることで報酬として独自通貨のDreamNトークンを獲得できる
  • DreamNの発行上限枚数は2000万枚に設定されている
  • 「STEP」の開発者がDreamNの開発メンバーとして関与している
  • 徹底した不正防止対策

それぞれ解説していきますね。

報酬を得るためにはDreamNトークンが400枚必要

coinmarketcap.com

DreamNで報酬を得るためにはDreamNトークンを400枚以上、準備しておく必要があります。

これがないとDreamNで稼ぐことができないので、初期費用として考えておきましょう。

2022年9月時点でのDreamNの価格は約10円ぐらいなので、約4,000円でDreamNを始めることができます。

>>DreamNトークンの購入方法はこちら

寝ることで報酬としてBNBを獲得できる

DreamNトークンを400枚以上保有していると、寝ながら仮想通貨BNBを稼げます。

ただし、睡眠時間を6時間以上続けてとらなければ、報酬は獲得できません。

DreamNの保有数が多いほど、報酬額は大きくなります。

また、効率良く稼ぐためには、適切な睡眠サイクルを維持していくことが必要です。

DreamNの発行上限枚数は2000万枚に設定されている

DreamNの発行枚数は制限されており、最大で2,000万枚まで発行されます。

そのため、DreamNの需要が増えると価格が高騰していき、逆に需要が減ると価格は低下していくのが特徴です。

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は、供給量が増えすぎて価格が暴落するのを防ぐために、発行上限枚数が設定されています。

「STEP」の開発者がDreamNの開発メンバーとして関与している

DreamNの開発にはMove to Earnアプリの「STEP」の開発メンバーであるTheCatDevが関わっています。

TheCatDevはスマートコントラクトの開発者として、他のプロジェクトにも参画しているようです。

大きな盛り上がりをみせたMove to Earnの開発関係者がDreamNの開発に関与しているので、STEP開発の経験を活かしたアプリ作りに期待されています。

徹底した不正防止対策

DreamNはゲームの不正を防ぐために、3つの仕組みが活用されています。

  • GPSトラッキング
  • モーションセンサー
  • 健康活動トラッカーからのデータ

これらによってユーザーの不正利用を検知します。

ユーザーランキングにランクインすると報酬がもらえるシステムなので、このような不正防止対策への取り組みは非常に心強いですね。

さらにDreamN独自のAIが不正行為を特定してくれます。

DreamN(ドリームン)の始め方

DreamNの始め方はこちら。

  • DreamNトークンを400枚以上用意する
  • Metamask(メタマスク)を開設しBUSDを送金する
  • 海外仮想通貨取引所bybitを開設し、XRPをBUSDに交換する

それそれ解説していきますね。

DreamNトークンを400枚以上用意する

DreamN(ドリームン)はまだ開発段階ですが、DreamNトークンはゲットすることが可能。

注目が大きくなると入手も難しくなってくるので、今のうちに仕込んでおくことは先行者利益につながる可能性があります。

DreamNをゲットする方法は以下通りです。

  1. 国内仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の口座を開設し、日本円をXRPに交換する
  2. 海外仮想通貨取引所bybitの口座を開設し、XRPをbitbankからbybitに送金する
  3. bybitでXRPをBUSDに交換する
  4. Metamask(メタマスク)を開設しBUSDを送金する
  5. Pancakeswapに接続し、BUSDをDreamNトークンに交換する

それぞれ順番に解説していきますね!

国内仮想通貨取引所bitbankの口座を開設し、日本円をXRPに交換する

DreamNを購入する第一段階として、海外の取引所に送金するための国内仮想通貨取引所の口座を開設しましょう。

おすすめの国内の仮想通貨取引所はbitbank(ビットバンク)です。

bitbankは国内の取引所の中ではメリットが多く、安心して取引できます。

  • スマホからでも操作しやすい
  • セキュリティが高い
  • リアルタイム入金ができる
  • 取引量が多いため、安定したトレードが可能

口座開設を終えたら、日本円を入金してXRPに交換しましょう。

海外仮想通貨取引所bybitを開設し、XRPをBUSDに交換する

次に海外の仮想通貨取引所を開設し、bitbankのXRPを送金しましょう。

おすすめの仮想通貨取引所はBybitです。

Bybitは仮想通貨取引をするときのメリットがたくさんあります。

  • Webサイトやアプリが日本語に対応していて使いやすい
  • 入出金や取引するときの手数料が安い
  • クレジットカードで直接入金できる
  • 本人確認なしで取引ができる
  • サポートが充実している

また、セキュリティ対策にも力をいれているため、安全面にも考慮したい方に非常におすすめです。

Bybitの紹介コード:41602

口座開設をしたら、Bybit内でXRPからBUSDに交換しておきましょう。

Metamask(メタマスク)を開設しBUSDを送金する

メタマスクは仮想通貨やNFTを一括で管理できるGoogle Chromeのウォレットアプリです。

DreamNを購入することができるPancakeswapに送金するために、一度メタマスクにBUSDを入れなければなりません。

>>メタマスクのインストールはこちら

メタマスクをインストールしたら、ウォレットアドレスをコピーしてBybitとメタマスクを接続させ、BUSDをメタマスクに送金しましょう。

Pancakeswapに接続し、BUSDをDreamNトークンに交換する

メタマスクにBUSDを送金できたら、Pancakeswapとメタマスクを接続させましょう。

接続させたらBUSDをDreamNトークンに交換して完了です。

2022年10月時点におけるDreamNの価格は10円程度を推移しています。

DreamNアプリがリリースされる前の注目度が低いときに、DreamNを購入することで結果として安く買える可能性があり、その場合は大きな先行者利益を得られるでしょう。

DreamNのアプリをダウンロードする

DreamNトークンを準備できたらアプリをダウンロードしましょう!

DreamNは現在Android版のみリリースされています。

iOSについてはβ版の段階で、まだ正式なリリースはされていません。

DreamNのアプリとDreamNトークンが入った仮想通貨ウォレットを接続する

DreamNアプリをダウンロードしたら、メタマスクと接続することで、DreamNを始めることができます。

DreamN(ドリームン)の稼ぎ方

DreamNは寝ながら仮想通貨を稼ぐことができますが、アプリ内では主に3つの稼ぎ方があります。

  • シングルモードで稼ぐ
  • チャレンジに参加
  • シーズン報酬を狙う

それぞれ解説していきますね。

シングルモードで稼ぐ

シングルモードはDreamNの中でも最も基本的な稼ぎ方で、予定された睡眠時間分だけ寝ることでDreamNトークンの保有数に応じて、BNBが支払われます。

また、規則正しい睡眠サイクルを保つことで、リーダーボードのユーザーランキングに乗ることができるので、上位に入賞すればさらにBNBを獲得することができます。

シングルモードでしっかり稼ぎつつ、リーダーボードで上位入賞を狙っていきましょう!

チャレンジに参加

チャレンジは参加費を支払うことで、設定されたミッションへ挑戦できます。

ミッションをクリアすると、報酬としてBNBが用意されています。

各ミッションにはそれぞれ異なる条件が設定されており、失敗した場合は報酬を受け取ることができません。

シーズン報酬を狙う

シーズン制は毎月実施され、リーダーボードの上位ランカーにはBNBが贈られます。

DreamN のランキングシステムは、良い睡眠習慣を維持することを促進するように設計されています。

そのため、ユーザーがどれだけ一貫した規則正しい睡眠をしているかによって、評価は上がったり下がったりします。

システムが睡眠サイクルの乱れを記録した場合、そのユーザーのランクは下がります。

DreamNランキングシステムには、5つのランクがあります。

  • ブロンズ
  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ダイヤモンド

DreamN(ドリームン)の口コミ

DreamNの概要は理解できたけど、リアルな口コミを聞きたいという方向けに、DreamNの口コミについて調査しました。

DreamNは

DreamN(ドリームン)の将来性

Play to EarnやMove to Earnのように稼げるブロックチェーンゲームとして、寝ながら稼げるSleep to Earnも注目度が高いです。

そのため、Sleep to Earnプロジェクト自体が注目されており、DreamNにも大きな期待が寄せられています。

稼げるブロックチェーンゲームは参入障壁が低いため、多くのユーザーで市場が盛り上がっていくことが予想されます。

DreamNはSleep to Earnの先駆け的存在で、開発も他のアプリより進んでいます。

また、DreamNはロードマップも明確に示されていることからも、将来性への期待が大きいです。

DreamN(ドリームン)に関するよくある質問

DreamNはステーキングできる?

DreamNはステーキングすることができます。DreamNの保有数が400枚以上からステーキングでき、報酬としてBNBが支払われます。

DreamNのアプリが正式にリリースされるのはいつ?

Androidのみ正式にリリースされています。

iOSについては現在β版のテスト中で、DreamNのアプリが正式リリースする日は明らかにされていません。

正式リリースの通知を受け取るために、TwitterとDiscordをチェックしておきましょう!

まとめ:DreamN(ドリームン)の特徴や始め方、将来性

今回は、DreamNの特徴や始め方、将来性についての解説とユーザーの口コミについて紹介しました。

本記事でまとめはこちら!

  • DreamNは睡眠データを記録することで仮想通貨DreamNを稼ぐアプリ
  • DreamNを400枚以上保持して寝ることでBNBを稼ぐことができる
  • Androidでリリース開始しており、ユーザーの口コミも好感触の声が多数
  • 具体的なロードマップが示されていて、Sleep to Earnの先駆けとして将来性がある

送金用口座として国内仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)と海外仮想通貨取引所のBybitの口座を開設しておくとスムーズにDreamNを始められます。

Bybitは紹介コードを入力するとボーナスを受け取ることができるので、必ず入力しましょう。

Bybit紹介コード:41602

【口コミ有り】DreamN(ドリームン)の特徴や始め方、将来性について解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡暮らし / 28歳サラリーマン / やらないと損なQOL向上するライフハック術について発信しています。

コメント

コメントする

目次