【全人類やるべき】Sleep Ecosystemの特徴や始め方、将来性を解説

Sleep Ecosystemの特徴や始め方、将来性を解説

Sleep Ecosystemとは?
他のSleep to Earnプロジェクトと何が違うの?
今から始めて先行者利益を得たい!

こんな悩みにお答えします。

Sleep EcosystemはSleep to Earnプロジェクトの一つで、寝ながら仮想通貨を稼げます

Sleep EcosystemにはDeFiメタバースも搭載されているので、仮想通貨を使ってさらに稼ぐことも魅力の一つ。

睡眠は毎日行うものであり、あえて時間を割かなくても良いので、始めない理由がありません。

しかも、今から始めておくことで先行者利益を得られることが想定されます。

今回は、Sleep Ecosystemの特徴や始め方、将来性について解説します。

本記事でわかることはこちら!

  • Sleep Ecosystemは睡眠データを記録することで仮想通貨SLEEPを稼ぐアプリ
  • DeFi機能があり、ステーキングでSLEEPトークンを増やせる
  • メタバースも搭載されており、土地を売買できる
  • リリース前でもPancakeswapでSLEEPと交換でき、先行者利益を得られる

この記事を読めば、Sleep Ecosystemで先行者利益を得る方法がわかります!

目次

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)とは

Sleep Ecosystemとは、寝ながら仮想通貨を稼ぐことができるSleep to Earnプロジェクトのブロックチェーンゲームです。

まだアプリはリリースされていませんが、寝ながら稼げるといった特徴に加え、メタバースが搭載されていることからも非常に期待されています。

ゲームアプリ名Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)
ブロックチェーンBNB Chain(バイナンスブロックチェーン)
対応するOSWeb3、iOS、Android
対応する仮想通貨の銘柄SLEEP、BUSD
公式サイトSleep Ecosystem公式サイト
公式Twitter@ecosystemsleep

2022年5月にSleep Ecosystemのユーティリティトークンである”SLEEP”の取引がPancakeswapで開始しました。

Sleep Ecosystemのアプリはまだリリースされていませんが、これから本格始動していくにつれて注目度が高まっていくことが予想されるので、SLEEPを仕込んでおくなら今がチャンスです。

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)の特徴

Sleep Ecosystemの特徴はこちら。

  • 寝ながら稼げるSleep to Earnプロジェクト
  • 2つの仮想通貨が基軸通貨となっている
  • DeFiを利用してステーキングで稼げる
  • NFTやメタバースを実装

それぞれ解説していきますね!

寝ながら稼げるSleep to Earnプロジェクト

Sleep Ecosystemは睡眠データを記録することで、仮想通貨SLEEPを稼げます

睡眠スコアが高いほど、より多く稼げる仕組みとなっており、睡眠スコアを上げるには、睡眠の質を良くする必要があります

睡眠に悩みを抱えている方は多いと思いますが、Sleep Ecosystemを始めるのを機に、睡眠の質向上も目指していきましょう。

Sleep Ecosystemは仮想通貨が稼げるだけでなく、睡眠の質向上も目指せる画期的なプロジェクトです。

2つの仮想通貨が基軸通貨となっている

Sleep ecosystemはユーティリティトークンのSLEEPガバナンストークンのBUSDが基軸通貨となっています。

睡眠データを記録することで、独自通貨であるSLEEPを稼ぐことができる一方で、BUSDはSLEEPを長期間保有したり、保有量がお多かったりすると獲得できます。

BUSDはアメリカドルに連動するステーブルコインなので、汎用性が高いのが特徴です。

DeFiを利用してステーキングで稼げる

Sleep EcosystemはDeFi機能が搭載される予定となっています。

寝て稼いだSLEEPをステーキングすることで、さらに稼げるようになります。

ステーキングするSLEEPの量が多いほど稼げるので、今のうちからSLEEPを集めておくのがおすすめです。

>>SLEEPをゲットする方法はこちらで解説

NFTやメタバースを実装

Sleep Ecosystemは”Sleep Rabbit”と、”Cloud Land”の2つのNFTを所有することでメタバース空間に参加できます。

この2つのNFTがあれば、メタバース空間で土地を持つことができ、土地からお金が発生するようになります

2つのNFTはマーケットプレイスで購入できるので、リリース後の早いうちにゲットしておきましょう!

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)の始め方

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)はまだ開発段階ですが、SLEEPトークンはゲットすることが可能。

注目が大きくなると入手も難しくなってくるので、今のうちに仕込んでおくことは先行者利益につながる可能性があります。

SLEEPをゲットする方法は以下通りです。

  1. 国内仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の口座を開設し、日本円をXRPに交換する
  2. 海外仮想通貨取引所bybitの口座を開設し、XRPをbitbankからbybitに送金する
  3. bybitでXRPをBUSDに交換する
  4. Metamask(メタマスク)を開設しBUSDを送金する
  5. Pancakeswapに接続し、BUSDをSLEEPトークンに交換する

それぞれ順番に解説していきますね!

国内仮想通貨取引所bitbankの口座を開設し、日本円をXRPに交換する

SLEEPを購入する第一段階として、海外の取引所に送金するための国内仮想通貨取引所の口座を開設しましょう。

おすすめの国内の仮想通貨取引所はbitbank(ビットバンク)です。

bitbankは国内の取引所の中ではメリットが多く、安心して取引できます。

  • スマホからでも操作しやすい
  • セキュリティが高い
  • リアルタイム入金ができる
  • 取引量が多いため、安定したトレードが可能

口座開設を終えたら、日本円を入金してXRPに交換しましょう。

海外仮想通貨取引所bybitを開設し、XRPをBUSDに交換する

次に海外の仮想通貨取引所を開設し、bitbankのXRPを送金しましょう。

おすすめの仮想通貨取引所はBybitです。

Bybitは仮想通貨取引をするときのメリットがたくさんあります。

  • Webサイトやアプリが日本語に対応していて使いやすい
  • 入出金や取引するときの手数料が安い
  • クレジットカードで直接入金できる
  • 本人確認なしで取引ができる
  • サポートが充実している

また、セキュリティ対策にも力をいれているため、安全面にも考慮したい方に非常におすすめです。

Bybitの紹介コード:41602

口座開設をしたら、Bybit内でXRPからBUSDに交換しておきましょう。

Metamask(メタマスク)を開設しBUSDを送金する

メタマスクは仮想通貨やNFTを一括で管理できるGoogle Chromeのウォレットアプリです。

SLEEPを購入することができるPancakeswapに送金するために、一度メタマスクにBUSDを入れなければなりません。

>>メタマスクのインストールはこちら

メタマスクをインストールしたら、ウォレットアドレスをコピーしてBybitとメタマスクを接続させ、BUSDをメタマスクに送金しましょう。

Pancakeswapに接続し、BUSDをSLEEPトークンに交換する

メタマスクにBUSDを送金できたら、Pancakeswapとメタマスクを接続させましょう。

接続させたらBUSDをSLEEPトークンに交換して完了です。

2022年10月時点におけるSLEEPの価格は0.1円程度を推移しています。

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)の稼ぎ方

Sleep Ecosystemの主な稼ぎ方はこちら。

  • 睡眠データを記録して仮想通貨SLEEPを稼ぐ
  • 仮想通貨SLEEPをステーキングして稼ぐ
  • メタバースで土地を所有して稼ぐ

それぞれ解説していきますね!

睡眠データを記録して仮想通貨SLEEPを稼ぐ

Sleep Ecosystemの代表的な稼ぎ方は、睡眠データを記録してSLEEPトークンを稼ぐ方法です。

効率良くSLEEPを稼ぐには、睡眠スコアを上げることが必須!

睡眠スコアは睡眠の質が高ければ高いほど良いスコアになります。

またSLEEPの保有量が多かったり、保有期間が長かったりすると、獲得できるSLEEPの量が多くなるので毎日コツコツと睡眠データを記録していくことが大切です。

仮想通貨SLEEPをステーキングして稼ぐ

Sleep EcosystemはDeFi機能が搭載される予定となっています。

DeFiとはDecentralized Finance(分散型金融)のことで、個人が通貨を貸し出す(ステーキング)することで、通貨を両替する仕組みを作っている金融仲介アプリケーションです。

ステーキングすることで両替手数料の一部を受け取ることができるので、仮想通貨を増やすことができるという仕組みになっています。

寝て稼いだSLEEPをステーキングすることでさらにSLEEPを獲得できるので、雪だるま式に仮想通貨を増やしていくことができるのもSleep Ecosystemの大きな魅力の一つです。

メタバースで土地を所有して稼ぐ

Sleep Ecosystemは、メタバース内で土地を所有し、発展させていくことでSLEEPを獲得できます。

土地を所有するには、あらかじめ”Sleep Rabbit”と、”Cloud Land”の2つのNFTが必要になります。

一度土地を所有してしまえば、不労所得のようにSLEEPを生み出してくれるため、非常に魅力的な資産です。

稼いだSLEEPをステーキングするのも一つの手ですが、メタバース内に所有している土地を発展させていくことも、長期的に見ると大切な投資といえます。

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)の将来性

Sleep Ecosystemは寝るだけで仮想通貨を稼げるため、将来性に大きな期待が寄せられています

理由の一つとして、Move to EarnのSTEPNのように歩く必要はなく、いつもと同じように寝ればいいだけなので、日常生活との親和性が高いことから誰でも気軽に始められるからです。

また、睡眠スコアが高いほど報酬が多くなるので、睡眠の質を向上させるきっかけにもなります。

さらに、Sleep Ecosystemはメタバース要素があることから他のSleep to Earnプロジェクトよりも優位性が高いです。

将来性に期待されている証拠として、Sleep Ecosystemには大手企業のYahoo Financeなども参入するなど、市場規模が大きくなることは間違いありません。

このように、Sleep Ecosystemが今後大きな盛り上がりをみせることが予想されます。

今のうちからSLEEPを所有しておくことで、先行者利益を得られる可能性がありますね!

>>SLEEPをゲットする方法はこちら

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)に関するよくある質問

仮想通貨SLEEPはいつ上場するの?

公式の情報によると、2022年後半にβ版Sleep Ecosysytemをリリースする予定です。

ホワイトリストに参加できる?

2022年5月に一度募集がありましたが、現在は募集停止しているようです。

リリースまでまだ時間があるので、ホワイトリストに関する情報はチェックしておきましょう。

当ブログでも詳細が分かり次第、更新していきます。

まとめ:Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)の特徴や始め方、将来性

今回は、Sleep Ecosystemの特徴や始め方、将来性について解説しました。

本記事の結論はこちら。

  • Sleep Ecosystemは睡眠データを記録することで仮想通貨SLEEPを稼ぐアプリ
  • DeFi機能があり、ステーキングでSLEEPトークンを増やせる
  • メタバースも搭載されており、土地を売買できる
  • リリース前でもPancakeswapでSLEEPと交換でき、先行者利益を得られる可能性アリ!

始める準備さえすれば、あとは毎日寝るだけで稼げるので、やらない理由が見当たりません。

本記事をきっかけにSleep to Earnを始めて、仮想通貨を稼いでいきつつ睡眠の質を向上させていきましょう!

Sleep Ecosystemの特徴や始め方、将来性を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡暮らし / 28歳サラリーマン / やらないと損なQOL向上するライフハック術について発信しています。

コメント

コメントする

目次