【アプリ一覧】無料のSleep to Earnおすすめ5選まとめ

【アプリ一覧】無料のSleep to Earnおすすめ5選まとめ

寝て稼ぐSleep to Earnはどんなアプリがあるの?
おすすめのアプリは何?
Sleep to Earnの始め方を知りたい!

こんな疑問にお答えします。

ゲームで遊びながら稼ぐPlay to Earnや、歩きながら稼ぐMove to Earnが大きな話題となったことによって、Sleep to Earnにも大きな注目が集まっています。

様々なSleep to Earnアプリのリリースが予定されてますが、どれも寝て稼ぐ以外にもいろいろな機能が搭載されていて、アプリごとに特徴が異なるので、どれを選べば良いか迷いますよね。

大きな盛り上がりが予想されるSleep to Earnは簡単に始められて、しかも寝ながら稼げて手間いらずで続けやすいので、まだチェックしていないのであれば機会損失しているかもしれません

そこで今回はSleep to Earnアプリのおすすめ5選とアプリの始め方について解説します。

Sleep to Earnアプリのおすすめ5選はこちら!

本記事の簡単なまとめはこちら!

  • Sleep to Earnは人類の睡眠に貢献し、ブロックチェーン技術を駆使することで、寝ながら仮想通貨を稼げるプロジェクト
  • アプリをプレイすることで、トークンを稼げるだけでなく睡眠の質を向上させることができる
  • 初期費用無しで始められるアプリもある
  • 大手企業が参入するなど、Sleep to Earnに大きな期待が寄せられており、将来性のあるプロジェクト

この記事を読めば、どんなSleep to Earnアプリがあるのかがわかり、寝ながら仮想通貨を稼ぎ始めることができます

送金用口座として国内仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)と海外仮想通貨取引所のBybitの口座を開設しておくとスムーズにSleep to Earnアプリを始められます。

Bybitは紹介コードを入力するとボーナスを受け取ることができるので、必ず入力しておきましょう。

Bybit紹介コード:41602

目次

Sleep to Earnとは

Sleep to Earnは、睡眠を測定することで仮想通貨を稼ぐことができるブロックチェーン技術を利用したプロジェクトです。

睡眠不足を抱える現代人の睡眠の質を向上させていくことが、Sleep to Earnプロジェクトのモチベーションになっています。

寝ながら稼げるという画期的な仕組みであることから、注目度が高く、多くのユーザーや企業が参入しようとしています

Sleep to Earnで稼げる仕組みと稼ぎ方

Sleep to Earnは寝ながら仮想通貨を稼げますが、睡眠スコアによって報酬額は変わってきます。

睡眠スコアが高いほど報酬額が高くなるので、良質な睡眠をとることで効率良く稼ぐことができます

Sleep to Earnの稼ぎ方はこちら。

  • ゲーム内でトークンを獲得する
  • NFTを売買する
  • ステーキングしてトークンを増やす
  • NFTをレンタルして稼ぐ

ゲーム内でトークンを獲得する

Sleep to Earnでメインとなってくる稼ぎ方は、ゲーム内で仮想通貨トークンを獲得することです。

睡眠を測定する以外にも、アプリ内でトークンを獲得する方法があるので、詳しくまとめました。

睡眠を計測することでトークンを獲得する

Sleep to Earnという造語の通り、睡眠を計測することでアプリ内トークンを獲得します。

睡眠スコアが高いほど報酬が多くなるので、良質な睡眠をとることで効率良く稼ぐことができます。

また、Apple Watchなどのウェアラブルデバイスで睡眠を計測することで、より正確に計測できるようになり、アプリによっては追加ボーナスを受け取ることができます

毎日、手間をかけることなく稼ぐことができるので、コツコツとトークンを増やしていけるのが特徴です。

ミッションをクリアしてトークンを獲得する

アプリによっては、寝て稼ぐ以外にも稼げるゲーム要素があります。

ユーザーランキングにランクインしたり、アプリ内で課せられたミッションをクリアすることで、報酬としてNFTアイテムやトークンを獲得できます。

メインは睡眠を計測して稼ぐことですが、こうしたミッションをこなしていくことで効率よくトークンを稼ぐことが可能です。

NFTを売買する

Sleep to Earnアプリでは、アプリ内のアイテムは全てNFT化されており、マーケットプレイスで売買できます

不要なNFTアイテムは売ることができますし、始めたばかりのころはNFTアイテムを買うことで効率よく稼ぎはじめられます。

また、レアリティの高いアイテムは高額で取引されるので、保有しておくよりも売った方がお得なケースもあります。

ステーキングしてトークンを増やす

Sleep to EarnアプリによってはDeFi機能が搭載されているので、獲得したトークンをステーキングして増やすことができます。

獲得したトークンはすぐに日本円に交換するのではなく、ステーキングすることで雪だるま式に増やしていくことも戦略の一つです。

NFTをレンタルして稼ぐ

SleeFiではNFTベッドをレンタルすることで、レンタル料として報酬の一部を受け取ることができます

余ったNFTベッドがあれば、レンタルすることで自動的に報酬が入ってくるようになるので、効率良く稼げるようになります。

詳しくは【2022年最新版】寝て稼ぐSleeFiとは?始め方・遊び方を徹底解説の記事で解説しているので、ぜひ参照してください!

Sleep to Earnのメリット

Sleep to Earnは寝て仮想通貨を稼ぐだけでなく、様々なメリットが詰め込まれています。

Sleep to Earnの主なメリットはこちら!

  • 睡眠を測定するだけなので、日常生活との親和性が高く手間にならない
  • アプリをプレイすることで、睡眠の質を向上させられる
  • 睡眠を測定する以外にも色々と稼ぐ方法がある

睡眠を測定するだけなので、日常生活との親和性が高く手間にならない

Sleep to Earnの1番のメリットは睡眠を測定するだけなので、とにかく手間がかからないことです。

他のMove to EarnやPlay to Earnのブロックチェーンゲームは、稼ぐために時間を取らなければなりませんでした。

そのため、なかなか続きにくいのがこれらのゲームのデメリットでした。

しかし、Sleep to Earnは睡眠を計測するだけなので、日常生活との親和性が高く、誰でも簡単に行えるのはSleep to Earnプロジェクトの1番のメリットと言えます。

アプリをプレイすることで、睡眠の質を向上させられる

睡眠を計測することで得られる報酬は、睡眠スコアによって変動します。

睡眠の質が高ければ報酬が増えるので、良質な睡眠をとることが効率良く稼ぐためのポイントです。

よって、稼ぎながら睡眠の質を向上させていくことができる一石二鳥のプロジェクトと言えます。

睡眠を測定する以外にも色々と稼ぐ方法がある

先にも紹介したとおり、Sleep to Earnには、睡眠を計測する以外にも稼ぐ方法があります。

寝て稼ぐだけだと効率良く稼ぐことはできないので、アプリに搭載されている機能をフルに活用して効率良く稼いでいきましょう!

Sleep to Earnのデメリットと注意点

睡眠を測定する以外にも稼ぐ方法があり、しかも睡眠の質向上にも貢献してくれるSleep to Earnですが、もちろん注意しておくべきこともあります。

Sleep to Earnのデメリットと注意点はこちら。

  • Sleep to Earnを始める際に初期費用がかかる場合がある
  • トークンの価格が上下する可能性がある
  • Sleep to Earnのトークンは国内の仮想通貨取引所で取り扱いがない

Sleep to Earnを始める際に初期費用がかかる場合がある

ブロックチェーンゲームを始める際にはNFTキャラクターやNFTアイテムを購入しなければなりませんでしたが、Sleep to Earnでは初期費用がかかるアプリとかからないアプリがあります。

基本的に初期費用として、NFTベッドやトークンを指定枚数以上を保有しておくことが必要ですが、Sleep Futureのみ初期費用無しで始められます

Sleep Futureは初期費用をかけた方が効率的に稼げますが、まずはSleep to Earnがどんなものか試してみたいという方には、始めやすいので非常におすすめです。

また、SleeFiでは寝て稼ぐためにNFTベッドを用意しなければなりませんが、NFTベッドのレンタルができるので、初期費用をかけずに始めることもできます。

Sleep FutureとSleeFi以外のアプリは初期費用が必要になりますが、毎日睡眠を計測することでトークンを稼げるので、長期的に考えると初期費用の有無は誤差レベルですね。

トークンの価格が上下する可能性がある

アプリ内で稼いだトークンは海外取引所で取引されるため、需要と供給に連動してトークンの価格が変動します。

そのため、日本円に換算すると1回に稼げる金額が上下するので、必然的に稼げる時期と稼ぎにくい時期が来ることを頭に入れておきましょう。

すぐに日本円に変えるのではなく、価格の上昇を待ったり、トークン獲得効率をあげるためにNFTアイテムなどに投資したりするのも戦略の一つです。

Sleep to Earnのトークンは国内の仮想通貨取引所で取り扱いがない

Sleep to Earnのトークンは国内の仮想通貨取引所での取り扱いが無いです。

そのため、海外の取引所を使ってアプリと接続させなければなりません。

海外の仮想通貨取引所は日本語にも対応しているBybitがおすすめです!

Sleep to Earnのおすすめアプリ一覧

Sleep to Earnプロジェクトのアプリはそれぞれ異なる特徴を持っています。

本記事では、はじめやすさと開発の進み具合から5つのアプリを厳選しました。

Sleep to Earnのおすすめアプリはこちら!

それぞれのアプリの特徴は以下の通りです。

スクロールできます
アプリ名DreamNSleeFiSleep FutureSleep EcosystemSleepagotchi
対応するOSiOS / AndroidiOS / AndroidiOS / AndroidiOS / AndroidiOS
対応する通貨(トークン)DreamN, BNBSLFT, SLGTSLEEPEESLEEP, BUSDSHEEP
ブロックチェーンBNB ChainAvalanche
>>詳細はこちら
BNB ChainBNB Chain未定
ステーキング機能×
対応する言語英語英語、日本語英語英語英語、日本語
リリース日Android版のみリリース未定2022年12月予定未定未定
公式サイトDreamN公式サイトSleeFi公式サイトSleep Future公式サイトSleep Ecosystem公式サイトSleepagotchi公式サイト
公式Twitter@dreamnbsc@SleeFi_official@SleepFuture@ecosystemsleep@sleepagotchi

DreamN(ドリームン)

DreamN
DreamN公式サイト
アプリ名DreamN
対応するOSiOS / Android
対応する通貨(トークン)DreamN, BNB
ブロックチェーンBNB Chain
ステーキング機能
対応する言語英語
リリース日Android版のみリリース
公式サイトDreamN公式サイト
公式Twitter@dreamnbsc

DreamNアプリ内通貨であるDreamNトークンを400枚以上保有することで、寝ながらBNBトークンを稼ぐことが可能。

DreamNは具体的なロードマップが示されており、Sleep to Earnプロジェクトの先駆け的な存在として将来性に期待されています。

Android版は既にリリース開始しており、ユーザーの口コミも好感触のものが多数です!

SleeFi(スリーファイ)

SleeFi
SleeFi公式サイト
アプリ名SleeFi
対応するOSiOS / Android
対応する通貨(トークン)SLFT, SLGT
ブロックチェーンAvalanche
>>詳細はこちら
ステーキング機能
対応する言語英語、日本語
リリース日未定
公式サイトSleeFi公式サイト
公式Twitter@SleeFi_official

SleeFiはガバナンストークンにSLGTを、ユーティリティトークンにSLFTを採用し、NFTベッドを保有することで寝ながらSLFTトークンとNFTアイテムを稼げます。

SleeFiは開発チームの代表が日本人なのもあり、アプリが日本語にも対応!

ブロックチェーンにはイーサリアムキラーとして将来性が見込まれているAvalanche(AVAX)が採用されています。
>>Avalancheについては仮想通貨AVAX(Avalanche|アバランチ)とは?特徴と買い方について解説で解説しています。

遊び方は、睡眠を計測して仮想通貨を稼ぐだけでなく、レンタルやクエストの機能もあり、ゲーム要素が満載です。

SleeFiは2023年までの具体的なロードマップが示されており、今後のさらなるアプリ開発に注目が集まっています。

Sleep Future(スリープフューチャー)

Sleep Future
Sleep Future公式サイト
アプリ名Sleep Future
対応するOSiOS / Android
対応する通貨(トークン)SLEEPEE
ブロックチェーンBNB Chain
ステーキング機能
対応する言語英語
リリース日2022年12月予定
公式サイトSleep Future公式サイト
公式Twitter@SleepFuture

Sleep Futureは寝ながらSLEEPEEトークンを稼げるブロックチェーンゲームのアプリです。

寝て仮想通貨を稼ぐだけでなく、ステーキングもでき、雪だるま式にトークンを増やせます。

Sleep Futureはアプリ以外にもオフライン事業などのエコシステムを構築することで、世界中の人々の睡眠の質の向上を目指しています。

睡眠の質向上に大きく貢献してくれるユーザー想いなプロジェクトです。

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)

Sleep Ecosystem公式サイト
アプリ名Sleep Ecosystem
対応するOSiOS / Android
対応する通貨(トークン)SLEEP, BUSD
ブロックチェーンBNB Chain
ステーキング機能
対応する言語英語
リリース日未定
公式サイトSleep Ecosystem公式サイト
公式Twitter@ecosystemsleep

Sleep Ecosystemは睡眠データを記録することでアプリ内通貨であるSLEEPトークンを稼ぐことが可能。

DeFi機能が搭載されており、ステーキングでSLEEPトークンを増やせます。

また、メタバースも搭載されており、土地を売買できるのもSleep Ecosystemの大きな魅力です。

正式リリースはされていませんが、SLEEPは上場済みです。

今のうちにSLEEPを仕込んでおけば、先行者利益を得るチャンスがあります!

Sleepagotchi(スリーパゴッチ)

Sleepagotchi
Sleepagotchi公式サイト
アプリ名Sleepagotchi
対応するOSiOS
対応する通貨(トークン)SHEEP
ブロックチェーン未定
ステーキング機能×
対応する言語英語、日本語
リリース日未定
公式サイトSleepagotchi公式サイト
公式Twitter@sleepagotchi

Sleepagotchiは目標として設定した時間通りに寝て起きることで、SHEEPトークンを稼ぐことができるアプリ。

報酬として、SHEEPトークンだけでなくNFTアイテムを受け取ることができます。

現段階では、α版がリリースされていて、ホワイトリスト(テスター)に参加するためには公式サイトとDiscordから応募可能です。

開発チームは経験豊富なエンジニアなので、洗練されたアプリ開発に期待が寄せられています。

Sleep to Earnアプリの始め方

Sleep to Earnアプリの始め方は以下の通りです。

  1. 国内の仮想通貨取引所でアカウントを作成する
  2. 海外の仮想通貨取引所でアカウントを作成する
  3. 海外の仮想通貨取引所で各Sleep to Earnアプリのトークンと交換する
  4. Sleep to Earnアプリと海外の仮想通貨取引所を接続させてNFTアイテムを購入する

国内の仮想通貨取引所でアカウントを作成する

まずは送金用口座として、国内の取引所にアカウント登録して日本円を入金しましょう!

おすすめの国内の仮想通貨取引所はbitbank(ビットバンク)です。

bitbankは国内の取引所の中ではメリットが多く、安心して取引できます。

  • スマホからでも操作しやすい
  • セキュリティが高い
  • リアルタイム入金ができる
  • 取引量が多いため、安定したトレードが可能

アカウント登録したら日本円を入金して、海外の取引所に送金できるようにビットコインに交換しておきましょう。

海外の仮想通貨取引所でアカウントを作成する

次に海外の取引所にアカウント登録して、国内の取引所からビットコインを送金しましょう!

おすすめの海外の仮想通貨取引所はBybitです。

Bybitは仮想通貨取引をするときのメリットがたくさんあります。

  • Webサイトやアプリが日本語に対応していて使いやすい
  • 入出金や取引するときの手数料が安い
  • クレジットカードで直接入金できる
  • 本人確認なしで取引ができる
  • サポートが手厚い

また、セキュリティ対策にも力をいれているため、安全面にも考慮したい方に非常におすすめです。

Bybitの紹介コード:41602

Bybitでアカウント登録したら、国内の取引所(bitbank)からビットコインを送金しましょう。

海外の仮想通貨取引所で各Sleep to Earnアプリのトークンを購入する

海外の取引所に送金できたら、Sleep to Earnアプリのトークンに交換しましょう!

トークンが用意できたらアプリと接続させて、NFTアイテムをトークンで購入したら、稼ぐ準備は完了です。

Sleep to Earnの将来性

まず、結論から言うとSleep to Earnは将来性があるプロジェクトです。

その理由はこちら。

  • Sleep to Earnへの大手企業の参入
  • Move to EarnやPlay to Earnとの相乗効果
  • 簡単に始められて続けやすい
  • リリース目前のアプリが多く、これからの盛り上がりに期待が集まっている

それぞれ詳しく解説していきますね。

Sleep to Earnへの大手企業の参入

Sleep to Earnプロジェクトには多くの企業の参入が相次いでいます。

例えばSleep Futureでは、以下のような企業が参入を表明。

Sleep Future 企業
Sleep Future公式サイト

大手IT企業であるHUAWEIや、NFT関連企業、審議メーカーまで幅広いジャンルの企業がSleep Futureを支持しています。

これ以外のSleep to Earnアプリにも多くの企業の参入が見込まれているため、アプリ開発の促進と、Sleep to Earn市場の拡大に期待が高く、ユーザーからの注目度が非常に高いです。

Move to EarnやPlay to Earnとの相乗効果

Play to EarnやMove to Earnが先行して流行し、誰でも稼げることが広く認知されました。

ブロックチェーンゲームが普及した現在では、ゲームをプレイしながら仮想通貨を稼ぐことは当たり前になりつつあります。

Move to Earn市場が一気に拡大したように、Sleep to Earn市場も大きく成長する可能性は高いです。

簡単に始められて続けやすい

Sleep to Earnは寝て睡眠を計測するだけでトークンを稼げるので、手間がかからず日常生活との親和性が非常に高くて続けやすいです。

Move to Earnでは意識して歩かないと稼げませんし、Play to Earnも時間を作ってゲームをプレイしなければなりませんでした。

睡眠は毎日とるものなので、普段は忙しい方にもSleep to Earnは魅力的です。

また、トークンを稼ぐ上で睡眠スコアが非常に重要で、睡眠スコアを上げるためには良質な睡眠をとる必要があります。

そのため、睡眠の質を向上させていくことで効率良く稼げるようになるため、ユーザーの健康に寄り添ったプロジェクトといえます。

リリース目前のアプリが多く、これからの盛り上がりに期待が集まっている

Sleep to Earnアプリは2022年10月現在、DreamN以外のアプリは正式にリリースされていない状況です。

ほとんどのアプリがリリースを控えている状態なので、これからの盛り上がりには目が離せません。

いままでのブロックチェーンゲームよりも、老若男女問わず簡単に始められるので、今のうちからトークンを仕込んでおけば先行者利益を獲得できるチャンスがあります。

Sleep to Earnに関するよくある質問

Sleep to Earnの初期費用はいくら?

初期費用はかからないアプリもありますが、NFTアイテムを用意する必要があるアプリもあります。

初期費用をかけた方が報酬額が高くなる傾向にあるので、効率良く稼ぐならある程度の初期費用を用意しておきましょう。

睡眠を測定するのにウェアラブルデバイスは必要?

必ずしもウェアラブルデバイスは必要ではありません。

しかし、アプリによってはウェアラブルデバイスで睡眠を計測するとウェアラブルボーナスがもらえるので、Apple Watchなどを使えば効率的に稼ぐことが可能です。

複数のSleep to Earnのアプリを同時に使える?

複数のアプリを同時に使用できます。

今回紹介した5つのアプリを並行して使うことでトークンの獲得効率が跳ね上がるので、余裕があれば実践しましょう!

一回の睡眠でいくら稼げるの?

Sleep to Earnのアプリの多くは開発段階であり、いくら稼げるのかは一概には断定できません。

Sleep to Earnはアプリによってはトークンの価格の変動が大きく、なかなか日本円に換算するのが難しかったり、逆にトークンの価格変動が一定に保たれるような仕組みにしていたりとアプリによって様々です。

これまでのブロックチェーンゲームのように、トークンの価格が変動しやすいDreamNやSleep Futureは、リリース時がトークン価格が最も高いことが予想されます。

逆にトークン価格が一定に推移するような仕組みになっているSleeFiやSleepagotchiは、いつ初めても獲得できるトークンの価値は同じなので、息が長いアプリになるよう設計されています。

まとめ:Sleep to Earnの特徴や仕組み、おすすめアプリ一覧

今回はSleep to Earnアプリのおすすめ5選とアプリの始め方について解説しました。

Sleep to Earnアプリのおすすめ5選はこちら!

本記事のまとめはこちら!

  • Sleep to Earnは人類の睡眠に貢献し、ブロックチェーン技術を駆使することで、寝ながら仮想通貨を稼げるプロジェクト
  • アプリをプレイすることで、トークンを稼げるだけでなく睡眠の質を向上させることができる
  • 初期費用無しで始められるアプリもある
  • 大手企業が参入するなど、Sleep to Earnに大きな期待が寄せられており、将来性のあるプロジェクト

送金用口座として国内仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)と海外仮想通貨取引所のBybitの口座を開設しておくとスムーズにSleep to Earnアプリを始められます。

Bybitは紹介コードを入力するとボーナスを受け取ることができるので、必ず入力しましょう。

Bybit紹介コード:41602

【アプリ一覧】無料のSleep to Earnおすすめ5選まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡暮らし / 28歳サラリーマン / やらないと損なQOL向上するライフハック術について発信しています。

コメント

コメントする

目次