【未来を見据えて進むために】キャリアコーチングがもたらす効果とは?

【未来を見据えて進むために】キャリアコーチングがもたらす効果とは?

キャリアコーチングってどんなことをやるの?
転職前に受けた方がいいの?

そもそも効果あるの?

こんなキャリアコーチングに関する疑問にお答えします。

本記事の内容はこちら!

  • キャリアコーチングの概要
  • キャリアコーチングの活用方法
  • 転職前などの人生における重要な選択をする前にキャリアコーチングを受けるべき理由

キャリアコーチングは、自分自身の人生設計に迷った時や、キャリアアップを目指す時に、非常に有用な手段となります。

しかし、初めてキャリアコーチングを受ける方にとっては、「どんなことをするのか」「どのような効果があるのか」など、不安な気持ちがあることでしょう。

そこで、この記事では、キャリアコーチングの基本的な内容や効果、コーチの選び方、活用法を詳しく解説していきます。

キャリアコーチングは、自分自身のキャリアをより良くするためのサポートを行う、専門的なコーチングです。

その目的は、自分自身のスキルや強みを把握し、自分の可能性を広げることです。

キャリアコーチングを受けることで、自分自身の理解が深まり、キャリアアップへの道が開けることでしょう。

私自身、転職を本当にするべきか悩んでいたのでキャリアコーチングを受けてみました。
結果的には受けて本当に良かったです。
自分がこれからどうしていきたいのかが明確になり、自分がどういう人間で人生において何を大切にしているのかなどの自己理解が深まりました。

この記事を読めば、キャリアコーチングについての基本的な知識から、実際に受けるためのポイントまで、一通り学ぶことができます。

ぜひ、自分自身のキャリアアップや人生設計に役立てていただければ幸いです!

コーチングを安く受ける方法は【Gallup認定コーチ】ストレングスファインダーのコーチング料金と安く受ける裏技で解説しています。

目次

キャリアコーチングとは

キャリアコーチングの定義と概要

キャリアコーチングとは、個人が自分自身のキャリアを見つめ直し、自己実現や自己成長を促進するために行われるコーチングのことです。

キャリアコーチングは、キャリアプランニング、キャリアアップ、転職、ストレスマネジメントなど、様々な目的に合わせて行われます。

コーチングのプロフェッショナルであるキャリアコーチが、個人のキャリアに関する課題を共有し、具体的なアクションプランを策定することで、目標達成を支援してくれます。

キャリアコーチングとカウンセリングの違い

キャリアコーチングとカウンセリングは、いずれも個人の成長や発展を促すための支援をする心理学の手法ですが、そのアプローチには大きな違いがあります。

一番わかりやすい違いはアプローチする期間の長さです。

キャリアコーチングは長期的な課題に対してアプローチするのに対して、カウンセリングは短期の課題の解決を目指す点にも違いがあります。

キャリアコーチングは、個人が自己実現や自己成長を目指すために、目標達成に向けて自己探求を促進することを主眼に置きます。

一方、カウンセリングは、心理的な問題にフォーカスした支援がメインで、過去の出来事やトラウマに対するアプローチを取ります。

キャリアコーチングのメリットとデメリット

キャリアコーチングのメリット

キャリアコーチングのメリットは、個人が自分自身のキャリアについての視野を広げ、自己理解を深められる点です。

また、キャリアコーチが具体的なアクションプランを策定することで、目標達成に向けたサポートを受けられます

さらに、個人の強みや才能を見出し、自分自身のキャリアに適した職種や職場環境を見つけられる点も大きなメリットです。

キャリアコーチングのデメリット

一方、キャリアコーチングのデメリットは、その費用の高さや、コーチングプロセスが長期化する場合があることです。

また、コーチングによって得られる結果は、個人の努力や自己実践によってしか得られないため、コーチが何かしてくれると期待し、コーチングだけに依存してしまうと目標を達成することは難しく、結果が得られない場合もあります。

しかし、キャリアコーチングは、個人が自分自身のキャリアについての自己理解を深め、職業的な目標に向けて努力するために、有益なツールです。

私自身もコーチングで自己理解を深めることによって、キャリアの方向性や進路についてより明確なビジョンを持つことができるようになりました。

上記のようなデメリットもありますが、コーチングを受けることによって、自己実現に向けた自己成長を促進することが可能となります。

キャリアコーチングのプロセス

キャリアコーチングの流れ

キャリアコーチングは、通常以下のような流れで進みます。

詳細なプロセスはこちら!

  1. 目標設定:クライアントとコーチが目標を共有し、その達成に向けた方策を検討します。
  2. 現状分析:クライアントの現状を分析し、自己理解を深めるためのアセスメントを行います。
  3. アクションプランの策定:目標達成のためのアクションプランを策定し、クライアントとコーチがその具体的な実行方法を共有します。
  4. 実行とフォローアップ:クライアントがアクションプランを実行し、結果を共有することで、目標達成に向けた進捗を確認します。

キャリアコーチングにおけるセッションの種類

キャリアコーチングにおいては、1対1の個別セッションが基本的な形式となります。

セッションの頻度や時間帯は、クライアントのスケジュールやニーズに合わせて調整されます。

また、グループセッションやワークショップ形式のセッションもあります。

これらのセッションは、キャリアについてのアイデアや知識を共有するための場として機能します。

組織単位のグループでコーチングを受けることで、自身を客観視できたり、周りのチームメイトへのフィードバックしたりすることで、相乗効果を生み出せます。

基本的にはキャリアコーチングは1対1の個別セッション形式がほとんどです。

キャリアコーチングにおける具体的な取り組み方法

キャリアコーチングにおいては、以下のような具体的な取り組み方法があります。

フィードバックの提供

クライアントの職務遂行やプロジェクト実績に対してフィードバックを提供することで、自己理解を促進し、目標達成へ向けてサポートします。

フィードバックでは、クライアントが行動した結果を抽象化して、次の行動を促してくれます。

以下の図で示すのは、経験から学び成長していくフレームワークの経験的学習サイクルで、このサイクルのうち、コーチングが取り扱うのは内省的観察抽象的概念化の部分です。

コーチングでは今までの経験を叩き台として、目標達成に向けた次の行動へ促すサポートを行います。

アセスメントの実施

キャリアに必要なスキルや特性を測定するアセスメントを実施し、現状と目標の差分を明確にします。

アセスメントにより、クライアントの自己理解を深め、目標達成に向けた行動が何かが明らかにしていきます。

ビジョンボードの作成

クライアントが将来的に達成したい目標を視覚化するためのビジョンボードを作成し、目標達成に向けたモチベーションを高めます。

ストレングスファインダーの活用

クライアントの強みを見出し、それを生かしたキャリアの展望を考えることで、自信を持って自己アピールすることができます。

ストレングスファインダーについては、【受験手順を解説】ストレングスファインダー2.0で自分の強みを知る方法で解説しています。

コーチング技術の活用

コーチングの技術は大きく4つあり、「傾聴」「質問」「目標設定」「評価(承認)」です。

コーチング技術を使い、クライアントの自己解決能力を高めることで、将来にわたって自己成長が続くようにサポートします。

これらの具体的な取り組み方法は、クライアントのニーズに合わせてカスタマイズされることがあります。

コーチとクライアントが協力して、クライアントのキャリア目標を達成するために最適なアプローチを見つけることが重要です。

キャリアコーチングの効果

キャリアコーチングによって得られる効果

キャリアコーチングには、自己理解や自己成長キャリアアップの促進など、多くの効果があります。

クライアントが自分自身のキャリアについて深く考え、自己成長に向けた取り組みをすることで、キャリアアップに繋がることが期待できます。

キャリアコーチングによる自己理解の深まり

キャリアコーチングでコーチのサポートを受けることで、自己理解を深めることに大いに役立ちます。

自分一人では、考えがどうしても偏ってしまい、自分視点になりがちですよね。

しかし、コーチングを受ければ、クライアントは自分の価値観や強み、弱み、好きなこと、得意なこと、優先順位などについて客観的に考えられるようになるため、自分自身をより深く理解できます。

コーチと自己理解を深めていくことによって、自分に合ったキャリアを選択したり、キャリアアップのために必要なスキルが何かが明らかになるでしょう。

キャリアコーチングがもたらすキャリアアップの可能性

キャリアコーチングは、クライアントが自己理解を深め、自己成長に取り組むことで、キャリアアップの可能性を高めます。

クライアントは自分自身が達成したいキャリア目標を設定し、それに向けたアクションプランを立てることで、自分自身を成長させることができるからです。

また、コーチはクライアントにとって最適なキャリアアップの方法を見つけるためのサポートしてくれますが、コーチは基本的に答えは教えてくれません。

コーチングのスタンスとして、「答えはクライアントの中にある」という考え方があります。

したがって、コーチは何かを与えてくれるわけではなく、クライアントの潜在的な要求や意識を引き出してくれる存在なのです。

コーチングを理解するにあたり、「コーチングの基本」という本が大変参考になりました。

キャリアコーチングの選び方

キャリアコーチ選びのポイント

キャリアコーチングを受けるためには、自分に合ったキャリアコーチを選ぶことが大切です。

以下のポイントを参考にして、自分に合ったキャリアコーチを選びましょう。

資格や実績

キャリアコーチには、国際的な資格や経験がある人が多いです。また、コーチング歴や実績がある人も信頼できる選択肢です。

セッション人数や、合計セッション時間を参考にすると良いです。

ただし、コーチングの資格はどれも民間企業が発行しているもので、公的な資格ではないことは理解しておきましょう。

コミュニケーション能力

キャリアコーチングには、相談者の悩みを聞き、適切なアドバイスを提供することが求められます。そのため、コーチのコミュニケーション能力が高い人を選ぶことが大切です。

多くのコーチングプログラムでは、初回に体験セッションが設けられていることが多いので、まずは受けてみてコーチとの相性をチェックして、良さそうであれば継続契約を結ぶのが一般的です。

価値観や人柄

キャリアコーチングでは、自分自身の目的や価値観を再確認し、自分自身と向き合うことが求められます。

そのため、コーチの人柄や価値観が自分自身と合致することが大切です。

コーチの人柄は、必要であれば背中を押してくれるコーチだったり、反対に傾聴に徹して自身の答えを十分に引き出してくれるコーチだったりとさまざまです。

キャリアコーチングの料金や期間の目安

キャリアコーチングの料金や期間は、コーチやセッションの種類によって異なります。

一般的には、60分〜90分程度のセッションが1回あたり5,000円程度からが相場です。

金額はコーチの経験や実績によって大きく異なり、熟練のコーチほど料金は高額な傾向にあります。

また、セッション回数は1〜3ヶ月程度が目安とされていますが、人によって必要な回数は異なるため、自分の目的や状況に合わせて調整することが重要です。

キャリアコーチングの口コミや評判

キャリアコーチングを選ぶ際には、口コミや評判を参考にしましょう!

インターネット上には、キャリアコーチの実績やクチコミが掲載されているサイトがあります。

また、友人や知人からの紹介や、実際にコーチに会ってみることも良い方法です。

自分に合ったキャリアコーチを選ぶことで、効果的なキャリアアップに繋がります。

キャリアコーチングの活用法

キャリアコーチングを活用するタイミング

キャリアコーチングを活用するタイミングは人それぞれですが、一般的には以下のようなケースが挙げられます。

  • キャリアアップやキャリアチェンジを考えている
  • 仕事に対して不満やストレスを感じている
  • 仕事に対するモチベーションが低下していると感じている
  • 自分の強みや能力を再確認したい
  • 人間関係やコミュニケーションの問題を抱えている
  • リーダーシップやマネジメントスキルを向上させたい
  • 自己啓発に興味がある

自分自身で悩んでいることを整理したり、自分のキャリアプランを見つけるためのきっかけとして、キャリアコーチングを活用することができます。

キャリアコーチングと自己啓発書・セミナーの違い

キャリアコーチングと自己啓発書やセミナーの違いは、その内容やアプローチ方法にあります。

自己啓発書やセミナーでは、あくまでも一般的なアドバイスが提供されるため、自分自身の問題に合わない場合もあります。

自己啓発書やセミナーは、あくまでも一方的に情報を提供するものであり、自己成長やスキルアップを目的とした学習の一つなので、読者や受講者が自分で学んで実践することが必要となります。

一方で、キャリアコーチングは双方向のコミュニケーションを通じて、クライアントのキャリアに関する悩みや問題を共有し、共に解決策を探っていくものです。

また、キャリアコーチングは自分自身の目的やビジョン、ミッションを明確にし、自分自身が納得できるキャリアを描くことを目的としているため、クライアントに合わせたカスタマイズされたアプローチが必要とされます。

キャリアコーチングと自己分析の関係性

自己分析は、自分自身がどのような価値観を持っているか、どのような強みやスキルを持っているかを再確認することであり、キャリアコーチングの一環として取り組むことができる課題の一つです。

自己分析は、自分自身の強みや弱み、価値観、興味関心などを客観的に把握し、自分にとって最適なキャリアを見つけるための手段です。

キャリアコーチングには、自己分析が欠かせません。

キャリアコーチングでは、自己分析の結果を基に、自分に合ったキャリアプランを作成するためのアドバイスを提供してくれます。

自己分析をする際には、自分自身を客観的に見つめ直すことが求められますが、キャリアコーチングを受けることで、客観的な視点からのアドバイスを受けられます。

キャリアコーチングでは、自己分析を通じて自分自身のキャリアについての理解を深め、自分自身が本当に望むキャリアを見つけることができますよ。

キャリアコーチングの成功事例

実際にキャリアコーチングを受けた人たちの声

キャリアコーチングは、多くの人々にとって有益な方法であることが知られています。

実際にキャリアコーチングを受けた人々は、コーチングの効果について高く評価していることが多いです。

例えば、キャリアコーチングを受けた人々の声は以下のようなものがあります。

キャリアコーチングによって実現したキャリアアップの例

キャリアコーチングによってキャリアアップを実現した事例としては、一般的に以下のようなものがあります。

転職成功

キャリアコーチングを受けたことで、自分が本当にやりたいことや得意なことを再確認し、転職活動で自信を持ってアピールできるようになり、転職先でのキャリアアップやスキルアップも目指せるようになった。

スキルアップ

キャリアコーチングを受けたことで、自分の弱点や課題を明確にし、それに向けたスキルアップや研修に積極的に取り組むようになり、その結果、新しいプロジェクトや役職に就くことができた。

自己実現

キャリアコーチングを受けたことで、自分が本当にやりたいことや目指すべきことを明確にし、それに向けたアクションを積極的に取るようになり、その結果、夢に向かって進んでいるという実感や達成感を感じられた。

キャリアコーチングがもたらす人生の変化

キャリアコーチングは、単に仕事のキャリアアップだけでなく、人生全般においてポジティブな変化をもたらしてくれます!

ポジティブな変化のひとつに、自分自身をもっと理解し、自分自身と向き合い、自己受容感を高めることができるようになるという効果があります。

また、自分自身に自信を持つことができるようになり、自分自身に向き合うことで、自分自身の本当の欲求を理解し、その欲求を追求することができるようになります。

欲求を追求していく手段が、転職だったり、スキルアップだったりするわけです。

自分自身の夢や目標を追求するために必要な自己理解を深めることができるため、キャリアコーチングを活用して、より充実した人生を送るための一歩を踏み出してみましょう。

キャリアコーチングに関するQ&A

キャリアコーチングを受ける上での心構えは?

まずは自分自身のキャリアについて真剣に向き合うことが必要です。

自分が何をしたいのか、何を目指したいのか、自分自身が望むキャリア像を明確にすることが大切です。

また、キャリアコーチングは自己成長のプロセスであり、成功や失敗、試行錯誤を繰り返すことが必要です。

まずは自分自身の成長を望む気持ちを持ち、自分自身と真剣に向き合うことが大切です。

また、キャリアコーチとのコミュニケーションにはオープンマインドで臨むことが重要です。

キャリアコーチはあくまでもサポート役であり、自分自身がキャリアを切り拓いていくための手助けをしてくれます。

コーチングをしっかりと生かすためにも、オープンマインドでコーチに接し、積極的に対話に取り組むことが大切です。

キャリアコーチングとストレスマネジメントの関係性は?

キャリアコーチングは、キャリアの選択や進路に関する悩みを解消するだけでなく、ストレスマネジメントにも効果があります。

自分自身のキャリアに向き合うことで、自己理解が深まり、自分自身のストレスの原因を特定し、適切な対処法を見つけることができます。

また、キャリアコーチングでは、自分自身の強みや価値観を明確にし、自信を持ってキャリアを進めることができるようになるため、今まで感じていたストレスが、違う角度から捉えられるようになります。

キャリアコーチングの効果が出るまでの期間はどのくらいか?

キャリアコーチングによる効果の出方や期間については個人差がありますが、一般的には数ヶ月から半年程度の期間で効果が出始めることが多いと言われています。

ただし、目的や課題によっては短期間で解決できる場合もあれば、長期的な支援が必要な場合もあります。

また、キャリアコーチングはセッションごとに進捗を確認し、目標設定を見直したり、新たな課題や目標を設定することが多いため、継続的な取り組みが必要です。

その過程において、自己理解や自己成長が促進され、キャリアアップにつながることが期待されます。

キャリアコーチングを受ける際には、自分自身が何を得たいのか、どのような課題を抱えているのか、どのような目標を持っているのかを明確にし、それをコーチングに向けて伝えることが重要です。

また、コーチとの相性や信頼関係も大切な要素となるため、選び方にも注意しましょう。

まとめ

本記事では、キャリアコーチングの基本的な内容や効果、コーチの選び方、活用法をについて解説しました。

私自身、今のままでいいのかなというぼんやりとした不満と、将来への不安がありました。
そんなときにキャリアコーチングに出会い、結果としては、転職を決断することで人生が大きく変わりました。
コーチングを受けた後に行動していると、たまに心の中で「今のままでいいかな」と思うことがありましたが、自分の望むキャリアを実現するためにやり遂げることができて本当に良かったです!

キャリアコーチングには、多くの人々が成功を収めており、自分自身のキャリアアップに非常に効果的です。

現状や将来に不満や不安がある方はぜひキャリアコーチングを受けてみてください。

コーチングを安く受ける方法は【Gallup認定コーチ】ストレングスファインダーのコーチング料金と安く受ける裏技で解説しています。

【未来を見据えて進むために】キャリアコーチングがもたらす効果とは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡暮らし / 28歳サラリーマン / やらないと損なQOL向上するライフハック術について発信しています。

コメント

コメントする

目次