【一瞬で判別】ブレインスリープ ピローの裏表見分け方

【超簡単】ブレインスリープピローの裏表見分け方

ブレインスリープ ピローの裏表がどっちか判別つかない!
裏表を簡単に見分ける方法を知りたい!

こんなブレインスリープ ピローに関する疑問を解消します。

この記事にブレインスリープ ピローの裏表を100%見分けられる方法をまとめました!

私はブレインスリープ ピローを1年以上愛用しており、枕をブレインスリープ ピローに変えてから睡眠の質が圧倒的に向上しました。

ブレインスリープ ピローを使えば誰でも最高の睡眠を手に入れることができます。

しかし裏表を気にせず使っているとブレインスリープ ピローのポテンシャルを活かしきれないため、非常にもったいないです。

裏表逆にして使用していると、あなたの体にマッチするように沈み込んでくれません。

簡単な裏表の見分け方はこちら。

1. Bottomと書いてあるシールが貼ってある方が裏!
2. ブレインスリープ ピローの繊維が細い方が表!
3. 枕カバーの上から指で押し込み、繊維の間に指が入る方が裏!

それぞれの裏表の見分け方について詳しく解説していきます。

目次

株式会社ブレインスリープの基本情報

株式会社ブレインスリープの基本情報はこちら。

会社名株式会社ブレインスリープ
設立日2019年5月
住所〒100-7026 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー26F
事業内容睡眠医学に基づく健康経営サービス
共創プラットフォーム事業
睡眠情報発信事業
ふるさと納税大分県玖珠町
BRAIN SLEEP

ブレインスリープ ピローは「スタンフォード式 最高の睡眠」の著者である西野精治さんによって開発されました。

ブレインスリープ ピローに貼ってあるシールで裏表を見分ける

ブレインスリープ ピロー 裏表

ブレインスリープ ピローを購入して開封した時にBottomと書いてあるシールが貼ってあり、そのシールがある面が裏(下)、という目印です。

枕カバーの上から手で触っても簡単にシールを探すことで裏表を見分けることができます。

しかし、ブレインスリープ ピローを洗ったりしてお手入れしているとシールを剥がしたいですよね。
(私もシールを剥がして使用しています。)

シールを剥がしてしまったという方でも大丈夫です。

シールに頼らない裏表の見分け方についてもこれから紹介していきます!

ブレインスリープ ピローの繊維の太さで裏表を見分ける

ブレインスリープ ピロー

ブレインスリープ ピローは表と裏で繊維の太さが異なります。

表は細い繊維でできており、裏は太い繊維でできています。

繊維の見た目を比較すれば簡単に裏表を見分けることができます。

繊維が細い表の方が手で押し込んだ時の触感が柔らかいので、繊維の太さを確認するときに触って確認してみましょう!

枕カバーの上から指で押し込んで裏表を見分ける

いままで紹介してきた2つの裏表見分け方は枕カバーを外した本体で確認する方法でした。

しかし今から紹介する「枕カバーの上から指で押し込んで確認する方法」では枕カバーの上から裏表を見分けることができます

やり方は簡単で、指でブレインスリープ ピローをいくつかの箇所を押し込んでみましょう。
この時に第一関節の半分ぐらいがブレインスリープ ピローの繊維の間に入り込むのが裏です!

ブレインスリープ ピローは通気性が非常によい構造のため
表面は細い繊維が密に集まっている一方で、裏面は太い繊維が荒く、疎な状態になっています。

ブレインスリープ ピローがこのような特殊な構造であることを知っていると、指で押し込んで繊維の間に入り込むかどうかを確認することで裏表を見分けることができます。

枕カバーをつけたまま裏表を見分けることができるので個人的にはこの方法が1番簡単です。

ブレインスリープ ピローの裏表見分け方まとめ

本記事では超簡単なブレインスリープ ピローの裏表見分け方について解説しました。

簡単な結論はこちら。

1. Bottomと書いてあるシールが貼ってある方が裏!
2. ブレインスリープ ピローの繊維が細い方が表!
3. 枕カバーの上から指で押し込み、繊維の間に指が入る方が裏!

裏表を間違って使用するとブレインスリープ ピロー本来の効果が発揮されることは難しくなります。

裏表を正確に見分けて正しくブレインスリープ ピローを使っていきましょう!

【超簡単】ブレインスリープピローの裏表見分け方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡暮らし / 28歳サラリーマン / やらないと損なQOL向上するライフハック術について発信しています。

コメント

コメントする

目次